作品撮り

作品撮り

順光と逆光の違い

最近少しづつなんとなくあったかくなってきましたね。 いよいよ桜の季節も近づいてきたわけですね。 写真映えする季節到来です。 というわけで屋外で撮るときに気にしておくと良いことを一つ。 『光の種類を感じ取ろう』ということなんですが、 ...
作品撮り

寄って撮る

人を撮るときに僕が一番気にしているのは 表情です。 その中でもさらに気にしているのは瞳の動きです。 でも、これは僕の個人的な作品撮りに対するときの好みです。
作品撮り

目ヂカラアップのストロボワーク

モデルさんの大きくて目ヂカラのある印象を強く見せたかったので 画面左側からストロボ一発を打っています。
作品撮り

レフ板効果

この作品ではレフ板は使っていませんがその代わりを果たしてくれているものがあります。
作品撮り

彼女とデートなう。

普段、写真を撮りたい時に誰でも即座に取り出せてパッと撮影できるカメラといえばスマホですね。 おそらくデートの時もスマホで撮ることが一番多いのではないでしょうか?
作品撮り

反射した光を利用する

寒くなってきましたね。 寒いのは苦手ですが寒い日の方が空気が澄んで綺麗な光で撮れることが多いです。
作品撮り

逆光を考える

この時は”ソフトに撮る”というのが密かなテーマでした。 ソフトとはコントラストが低く全体的にぼやっと見える感じそいえば分かりやすいかと思います。
作品撮り

仕上がりをイメージする

美女と革製品を愛し、明るい豊かな社会を築きたいと思っているカメラマンの堀内です。
仲間

光の当たり方を感じる

写真や動画を撮るとき、光の当たり方を考えるのは大切なことです。 当たり方次第で良くも悪くもなります。
作品撮り

マニュアルフォーカスで気をつけること

純正レンズではないとピント合わせは全てマニュアル操作になります。 そうなると、一眼レフでのピント合わせは本当に大変・・
タイトルとURLをコピーしました